しゃばだばだ

コスプレが楽しい。

さばの水煮缶の存在意義

たまに食べると美味しいよね。でも実家の母から何の前触れもなくさばの水煮缶大量に送られて来た時はどうしたものかと思いつつ毎日食べ続けたらもう2~3年はいいかなって気分になったよ。当然缶からダイレクトいただきますですが、何か?サバは焼いてるほうが好きです。お魚は見るのも撮るのも食すのも好きです。

以下妄想なので畳みます
SO4妄想
Ex×ジオットさんがいいと思ってます。《この場に在るが存在はしない》思念体(人工知能?)×その伝達者。なんか何とでも妄想できる感じと背徳感が良くないですか?Exが意思を伝えるのにわざわざジオットを介する必要性って何なんでしょ。だってエッジ達と普通に会話してるしw対人コミュニケーションに難アリな天然ジオット介する理由ないよね。モーフィス全体に何か伝えるのだって何とでもアナウンスできる気するし。誰でも簡単に会えるわけではないだろうけど神というより指導者のスタンスでわりとオープンな感じするし。ジオット→Exへの精神的依存度の高さに比べてExはジオットを単なる伝達者としか認識してなかったら凹む。ジオットが。私が。Exがエッジさんを気に入って笑った時のジオットの心境を考えると「私はそんな風に笑い掛けられたことないんだけど...(´;ω;`)しょぼーん」みたいな。「構わないでしょう。Exは貴方を気に入っているようですし」の台詞には若干トゲ感じたのは私だけではないはず。

ジオットさんはEnⅡに移ったエナジーネーデ人の第三世代くらいでそこまでは世襲的に伝達者を受け継いできたけど何らかの理由からジオットの代からはジオットがExに寄り添ってずっと生き続けてる系だったら萌える。できればExにミソペサメノスされた的なのがおいしい。実際問題「何億もの時を超え、モーフィスを導きし存在(Ex)」って言ってる件を鑑みるといくら科学技術がチート級のEnⅡでもジオット一人が...って思うより複数人でコールドスリープを使いながらやるか成長操作して普通の人よりロングスパンでは生きてるなりして受け継いでるほうがまだ現実的か。人工惑星作っちゃう科学技術が何億年前にEnⅡにあったとはいえ何億単位で人命に関わる技術あったとも思えんし無理あった。この妄想は現実味なさすぎて破綻してる。それに何億年も進化も退化もしてないジオットさんとかツライやないかー。こりゃイカン!
もしロングスパンで役割担ってるとしてセントラルシティだったかでコールドスリープの話出てたけどジオット(伝達者)は単体でコールドスリープ繰り返してるとかでない気がする。代わりの身体がある綾波レイ的なアレかもしれんけど。「私は325人目です(*´ω`)b」みたいなwだとしたら尚更不憫wExェ...。
案外伝達者というのは表向きの責務ででEnⅡやExそのものに何かあった時にExの器になるとかの一種のセキュリティシステムの一部だったりするかもしれない。あくまでモーフィスはExありきの存在と考えたら何らかの防衛セキュリティがあるには違いない。うわぁ...そう妄想すると萌えるっていうかやっぱり不憫...。ジオットさんはモーフィス全体、要はExの為なら個人なんかとうの昔に捨ててるかそもそもそういう概念すら持ってない感しかないからそれがごく自然で疑ってもないしそれを嘆くこともないんだろうけど。
伝達者になってから当然EnⅡを出たこともないだろうし宇宙全体の秩序やMPの知識は宇宙の誰よりあっても自分で見て知る現実もない(だから浮世離れしてる)や経験がない(何でも頭で考える)し結局何も知らない人だからこそ、いずれExの元に帰るの前提でもパーティーメンバーに入って外の世界を見せてあげて欲しかったなー的な。要はジオットを操作したかったという私の願望。Exがジオットを送り出してくれたら愛を感じられたんだぜ。まぁエッジとの接触を通して『未開惑星は外部から技術的介入せず保護する』という在り方を知って視野は多少広がった感じがあったけど。ジオットさんですら言われて初めて気付いたぐらいだからやっぱりジオットさんは外宇宙の現実は知り得てなかったってこと。結局自分たちEnⅡが宇宙の監視国家としてやってきたことに良くも悪くの疑問を抱くとこからがジオットの真の人生な気がする。Exへの猜疑心とかでなくてただ与えられる意思ではなくて最も良い選択を提示しあえる存在になれたらベスト。少なくとも私の妄想内のジオットは。
悪く言えば統治者というかEnⅡにそんなつもりはなくて純粋に宇宙の安定を願ってやってたとしても未開惑星の住民からすりゃ「神気取り」の存在だったのと同じだし。もしジオットが外の現実を知りたいという意志を持ったら伝達者としてのポジションは剥奪されるかもだけどExはそんなジオットを認めて送り出してくれると思うわけですよ!!その時点でジオットは死ぬ運命かもしれんけど!死の尊厳も含めてExがジオットを解放した時こそEx×ジオット成立...!...でもなんかいやだな(ワガママ上等だいぶ妄想)。

ジオット妄想はとめどないですネ。軽装がデフォなモーフィス人にあってあの最低限の露出度。帽子だけならまだしも首の後ろまで隠して手も覆ってまで何を隠してるんだウヘウヘ!エナジーネーデには遺伝子レベルで紋章術が組み込まれてるという設定だった気がするけど、元々呪紋の素地のないエルダー人のフェイズやエイルマットが呪紋の発動の補助的に刺青があるのはともかくとしてモーフィスでもミュリアが刺青してるし、ジオット=Exのセキュリティシステムと妄想したらいざというときExを守るためとかでジオットの身体にもいろいろ細工がされてたりするのかなぁ...とか。ヤダ、何それ剥きたくなr...
見せたくない、見せられない何かがジオットの身体にあるんですねわかります。てかあの鉄壁のいでたちなのに身長の微妙さと服のデザイン的視覚の影響からか何となくボディラインが女の子っぽく見えたので最初は「実は女なんです!」って夢を見たよね。鈴木千尋ボイスのあのトーンなら女の子でもいけなくは...いややっぱ無理あるけどインターナショナル版で英語音声にすると普通に男子だったので夢は容易く潰えたさ。うんジオットは実は女の子、でも萌えた。個人的には。
バックグラウンドで思考しながら表面はよくフリーズしてるジオットがかわういです。ぼんやり系キャラのイメージついちゃったじゃないかよう。動作もわりと緩慢だし案外サラに負けず劣らずどんくさいんだろうなー。サラと話せばゆっくり話も盛り上がる(ただし傍目から聞いてると会話はあまり成立してない。が、本人らは気付いてない)だろうに。

人工惑星のEnⅡがあるということは当然エナジーネーデ本星がある。ミッシングプロシージャに侵入されたEnⅡが制御不能に陥って暴走、潜在的セキュリティシステムが稼働してジオットがExと聖域の宝珠を取り込んで一体化(もしくは共存)してミッシングプロシージャに追われながらエッジさんとエナジーネーデ本星へ逃避行するとかダメですか。でも既に別の進化を歩んでるエナジーネーデには少数派のモーフィスはすんなりとは受け入れられなくてそんで厳しい現実知って凹んでエッジさんとの交流をしてるうちにエッジさんきゅんきゅんになる...ってそれじゃフェイズくんと被るわwExがジオットに冷たい(わけではないけど。何つーか、まさに事務的な)のはExに固執するジオットに自我を持って欲しい故の愛の鞭だったらいいけどなー。Exなー...本編で見えないとこでジオットたんprprとかなんかなwそこんとこジオットED期待したのになー。

そんな小学生でも思い付くような妄想膨らんでディレクターズカット版とか出るはずもないものに期待しちゃうwジオット使わせてジオット。

Exを擬人化させてくれ。ジオットを愛でてやってくれ。

何でもいいからジオットをパーティーメンバーに(以下略
スポンサーサイト
  1. 2012/04/07(土) 02:31:49|
  2. トライA
  3. | コメント:0
<<両手にサーシャ。聖闘士とは別の心で。 | ホーム | しめじさん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する