しゃばだばだ

コスプレが楽しい。

AR


ISSのモデル


ISSのきぼう日本実験棟部分

今年のギネスブックにもこの機能がついてるということで巷で話題の(...か?)AR対応の宇宙図鑑を先日購入してました。基本アナログ人間なのでこのテの技術がいかに凄いかとかは体感でしか分からない、そして説明なんぞ出来ようもないのですが、ざっくりと体感の上で言うと紙面にあるマーカーをカメラ機能のあるスマフォやタブレットで読み込むと(事前にAReaderというアプリをインストール)対象の3Dモデルが画面上に出現、あらゆる方向から対象を見る事ができるっちゅう凄い機能です。回転は勿論、拡大縮小も可能、ただしモデル自体を上下左右に振ることはこの図鑑では出来ないのでそこだけちょっと不便かなー。感覚的にはスターオーシャン4のカメラワーク的もどかしさ..!(やった人にしかわからないよその例え)。こういうデジタル技術に明るくないのでいろいろ間違いあったらすみません。


はやぶさはフォルムがかわいかったよねとか素で言ってしまう。

3Dモデル以外に動画もあったり。勿論天体のモデルもあるよ!ってかむしろそっちがメインだろ的なwwイトカワの3Dモデルがシュールってか焦げて炭化したパンに見えたとかそんな天文ファンに土下座要求されそうな事言えない..!!はやぶささんに謝れ私..!

私、銀英伝とかスターオーシャンとかガンダムとか(星矢の星座とかも含めて)架空の宇宙には随分永く夢を馳せてましたがリアル宇宙歴は2ヶ月ほどのにわかですけどこの時点で天体より宇宙機のほうにより魅力を感じはじめてしまった本末転倒さです。天文より宇宙開発的な興味。天体もそれなりには目を向けはじめてますがまだようつべのJAXAチャンネルでかぐやの撮影した月面映像見てるとかその程度です(´pωq`)恥ずかしー

天体についてはNewton読んで...ね。解説より写真の美しさばっか見てる感じですがww内容として読むのは医療関係記事ばっかだwwそういやiPS細胞の記事(インタビュー)で読んでた山中先生ノーベル賞...!おめでとうございますー!!内容の1/10も理解してない私ですが(汗)再生医療は勿論のこと創薬利用への強い熱意が伝わるインタビュー記事だった(と思う)!今月、11月号にも載ってるので興味ある方は是非読んでみてください。

話飛んだwけどこのAR対応宇宙図鑑、結構楽しかったです。今後こういう図鑑が主流になったりするのかな。しかしSDに移動させられないのでISS DetecrorとのWパンチにAReaderで容量むっちゃ喰ったので日常生活に根ざしたアプリを尽くアンインストールした挙句メールの送受信履歴まで削除する羽目になったよww何げに世話になってるマクドのクーポンアプリまでアンインストールしたしwwそれでも尚警告出るから困ったもんだ。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/09(火) 01:27:51|
  2. 宇宙と兄弟
  3. | コメント:0
<<コスモスの丘 | ホーム | 新OP>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する